整体についての素朴な疑問点

整体っていつからあるの?

投稿日:

整体は身体のバランスを整えてくれるものです。痛みなど治療するというよりも、自分で治そうとする自然治癒力を高めてくれるものとして人気です。

そんな整体の起源はいつなのでしょうか?整体の言われにはいくつかあります。
今回はその中でも一部の説をご紹介してみます。ぜひご参考にしてみてください。

1874年に始まった?

整体は1874年、西洋でアンドリュー・テイラー・スティルによって広まった「オステオパシー」が起こりだと言われています。

欧米のカイロプラクティックなどの技術が日本に伝えられた時、当時の日本人が独自にアレンジし、いくつかアイディアを加えて現在の「整体」を作り出したと考えられます。

アメリカで生まれた技術を組み合わせたものが整体

日本で「整体」と言えば大正時代に使われるようになった言葉で、アメリカで生まれたカイロプラクティックやオステオパシー、スポンディロセラピーなど、古くから伝わる手技療法を組み合わせたものです。

ちなみに中国語の整体は「全体観」という概念であり、日本語の身体の筋肉や骨格を調整してくれる技術を表す「整体」とは異なります。

整体は「カイロプラクティック」に似た骨格強制を目的とした技術を指している事が多く、骨盤や肩甲骨、脊髄などを矯正し、骨格筋調整や、補助道具を使って行う技術とがあります。

整体は技術がシステム化されていない事もあり、統一して扱うのも困難なので、言及するのはなかなか難しいでしょう。
カイロプラクティックに対する見解もあまり参考になりません。

-整体についての素朴な疑問点

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

保険が効く治療と効かない治療とは

整体をこれから利用しようとする人たちは、保険が使えるかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか? 保険が使えるのは整骨院であり、整体サロンでは保険が使えません。 ただし整骨院でもいつでも保険が …